Live Report

1998.10.6 (Tue) at 新宿リキッドルーム

今回のライブは、今まで最高のライブでした。だいぶ日にちが経ってしまいましたが、思い起こすようにライブレポートを書いてみたいと思います。

開演19:00前、メンバーなんて誰一人出てきていないのに、もう会場はぎゅうぎゅうで冷房がかかり始めるのが遅くて、早くもすごい熱気。 メンバーが出てくるや、一曲目の「さよなら!街の恋人たち」で床が揺れる揺れる。曽我部さんも興奮しているのか、ギターをかき鳴らしステージを歩き回る。 しまいにはステージ右袖から客席にジャンプ(落ちたのか、降りたのかは不明)。なんとか手を借りてステージに戻り、とにかくすごいハイテンションでした。 そのまま「真赤な太陽」までやり、曽我部さんがアコギに持ち替え、「シルバー・スター」。バンジョーは登場しなかったですけど、 とにかく聴きたかったこの曲、すごくよかったです。次の「カーニバルの灯」ではイントロをしばらくやっていて、なかなか曲に入っていけず、 後ろを振り返ってタイミングの相談をとったりしながら、曲に合わせてメンバー紹介。 田中さん紹介のところではパートの名前じゃなくて「赤シャツの人」呼ばわり。ここ結構面白かったです。 歌に入る直前に田中さんが曽我部さんを紹介して、「NOW」へ。途中、歌詞を忘れて会場から歓声があがる一幕もありながら、MC。

MCに入るところで客席から「歌詞忘れんなよ〜」というややマジ声の野次が。

曽我部『歌詞忘れちゃいましたね。なんかあの人えらそうですね。僕が歌詞忘れたのとあの人がえらそうなのは別の話ですから』

というやりとリがあったり、その他、ツアーの話とか、最近見た映画の話とかしながらMCも終わりかけの頃、

曽我『「(メンバーに)何かあります?』
客「(手を上げて)ハイ!・・・モミアゲ・・・」
曽我部『(慌てて)いやいや、ここは僕が好きなことを一方的に話すコーナーだから・・・』

そして、『「今日を生きよう」って曲があるんですけど・・・。・・・知ってますよね。』「知ってるぅ〜」『まぁ、シングルは買ってないと思いますけど。』「買ったぁ〜」『やっていいですかね?』「やってぇ〜」『本当にやっていいんでしょうか。』という謙虚なやりとりのあと、 「今日を生きよう」。恐らくこの曲もライブの定番になる曲だと思います。そのままガーっと・・・途中MCがあったような気もしますが、 ラストの2曲は、またテンション盛り返して床が軽く揺れました。しかし、「僕は死ぬのさ」で盛りあがるっていうのもすごい話ですよね。 この辺りがサニーデイ・サービス。

一旦下がって5、6分後、アンコールで上がって来たのは3人だけ。しかも曽我部さんはアコギを持っていて、てっきり「ここで逢いましょう」で締めるのかと思っていたのでちょっと意外でした。 そうこうしているうちに、田中さんが高野さんのいたキーボードの前に座り、「東京」のイントロを・・・。 まさか、「東京」が聴けるとは。その後、サポートの新井さんと高野さんが登場。ここで念願の「コーヒーと恋愛」!カズー隊が参加して、歌詞を忘れることもなく、もう感無量でした。 その後エレキギターに持ち替え、いよいよ「ここで逢いましょうか」?と思っていたら、「若者たち」。これもかなり好きです。 そしてそのまま「青春狂走曲」。もうこれ以上にない選曲が立て続けでした。そして楽器を置き、退場。 もうないだろうと思いながらも、どこか期待してアンコールの拍手をしていたら、再び登場!今度こそ「ここで逢いましょう」だろう・・・いや、曽我部さん、アコギを抱えている。 あとアコギを使うの曲ってあったかな?なんて考えていたら、「24時のブルース」のイントロを静かに弾きはじめて・・・。 インパクトがない曲で、正直な話、いい曲だなくらいにしか思ってなかったんですけど、ライブで聴いて「これは」と思いました。 考えて見ると「24時」があまりにも大きすぎて、全体として聴いていなかったんです。バラバラの曲が集まっているような感覚だったから、この曲が目立たなかったんだと思います。 でも改めて通して聴いて見ると、最後の最後、「24時のブルース」があることで「24時」が終われるんだと思いました。 今は、「24時」に含まれている全部の曲が「24時のブルース」に通じている気がします。

今回のツアーには充実したパンフレットがあったり、今までのライブで聴けなかった曲が聴けたりして、すごく楽しめた、 最初に書いたように、最高のライブでした。ありがとう。



※ セットリスト
1. さよなら!街の恋人たち (24時 #1)
2. 黄昏 (24時 #7)
3. 恋人の部屋 (恋人の部屋 #1)
4. 朝 (サニーデイ・サービス #2)
5. 御機嫌いかが? (若者たち #3)
6. 真赤な太陽 (東京 #8)
7. シルバー・スター (24時 #6)
8. カーニバルの灯 (24時 #9)
9. NOW (サニーデイ・サービス #3)
10.今日を生きよう (24時 #3)
11.経験 (24時 #8)
12.月光荘 (24時 #4)
13.花咲くころ (ここで逢いましょう #2)
14.旅の手帖 (サニーデイ・サービス #11)
15.恋におちたら (東京 #2)
16.白い恋人 (愛と笑いの夜 #2)
17.JET (愛と笑いの夜 #3)
18.PINK MOON (サニーデイ・サービス #7)
19.サマー・ソルジャー (愛と笑いの夜 #9)
20.そして風は吹く (サニーデイ・サービス #10)
21.僕は死ぬのさ (24時 #10)

アンコール
22.東京 (東京 #1)
23.コーヒーと恋愛 (東京 #12)
24.若者たち (若者たち #10)
25.青春狂走曲 (東京 #6)
26.24時のブルース (24時 #15)


1998.7.5 at 日比谷野外音楽堂 1999.3.26 at 京都磔磔

[ ホームに戻る ] [ Live Reportに戻る ]
Copyright © 1998-2008 Masashi Sekine. All rights reserved.
当サイト内に掲載の情報・データの無断転載を禁じます。